HOME>記事一覧>自社の弱みをまず把握しそこを補強出来るものを導入しよう

対象ごとに違う種類がある

システム

csirtを導入してインシデントに対応する企業が増加傾向にあります。このcsirtにはサービス対象ごとに自社や顧客に関係したインシデントに対応するものから自治体等のエリアを担当するもの等様々なものが存在します。

より業務に密着したものも

さらにこのcsirtには、より業務に身近なインシデント対応するものも存在します。自社のシステム等がどんなインシデントに脆弱性がありそれらを分かりやすく報告するものや、報告された脆弱性等への具体的な対策を行うものまで様々な角度から自社の業務に対応してくれます。企業が導入するのはこのタイプのcsirtがほとんどで多くの場合は企業内の人材で構成したり、必要に応じて外部からの人材を受け入れるという場合もあります。

具体的な特徴とは

そうしたcsirtのそれぞれの特徴には色々とあり、例えば企業内のcsirt組織をまとめるチームであればインシデント対応の知識の他に、各部署との調整能力に特に重点を置くという特徴があります。これ以外にもcsirtは業務に応じて様々な違いがあり、どの分野のcsirtを導入すれば自社の弱みを補強出来るかという事をしっかりと把握し、必要なものから順に組織づくりをしていく必要があるでしょう。

広告募集中