HOME>アーカイブ>効果的な対策を知ることで出産後の不安も解消できる

使う必要はあるの

手

予防クリームを使う必要があるのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。妊娠線は、簡単に言うと肉割れのことで、お腹が大きくなることで菱の下にある真皮などの組織に大きな負担がかかり、皮膚の表面に赤紫色の筋が見えるようになったことを指しています。予防クリームを使うことで、この症状の発症を軽減できます。出産によってこの妊娠線が出ることを防ぎたいと考えている人は多いです。その妊娠線をできにくい状態にしてくれるのが予防クリームです。そのため、少しでも妊娠線のリスクを減らしたいと考えている人は、積極的に活用する方が良いでしょう。このクリームはお腹だけでなく、全身のケア用クリームとしても活用可能です。妊娠線は、出産経験がある人、多胎妊婦、乾燥肌の人、小柄な人など、症状が現れやすい人もいます。これらに当てはまる人は、積極的にクリームを活用する方が良いでしょう。症状が現れてから使っておけばよかったと後悔しないように、早い段階でクリームを使ってケアをすることが大切です。

選び方と使い方

クリームと化粧水

妊娠線を予防するためには、肌に弾力や柔軟性を与える必要があります。この効果を得るためのポイントになるのが油分です。油分が多いほど肌の潤いを保ちやすく、保湿時間も長いです。さらに、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が含まれているとより効果的です。また、妊娠中は匂いに敏感になりやすい時期でもあります。なので、強い香りのモノは避ける方が良いでしょう。無香料タイプを選んだり、優しい香りのタイプを選んだりすると妊娠中でも快適に使うことができます。その他にも、合成成分や石油系成分は避けて、天然成分で作られた商品を選ぶと安心です。使う時には、下腹部から上に向かって手のひらで予防クリームを伸ばします。そして、おへそを中心に、外側に向けてなでましょう。最後は、円を描くようにマッサージをします。

広告募集中